【鮮やか】やりたいカラーする為のブリーチ回数

ヘアカラー
dav

美容師歴15年、フリーランス歴3年、カラー比率80%以上の福岡市、天神でフリーランスの美容師をしている

カラーの申し子宇井です♪(´ε` )

今回は、鮮やか!やりたい色のブリーチ回数というテーマをシェアしていきたいと思うので、自分がやり色にする為には、ブリーチが必要なのか?ブリーチするなら何回くらいのブリーチが必要かがわかるので参考にしてくださいね。

  

 

5分くらいでサクッと読める内容になってます。

  

 

 

その前に、ブリーチを使ったカラー、インナーカラーやホワイトカラーなど個性派カラーや明るい白髪染めをアップしてるインスタグラムなんで暇つぶしにどうぞ〜

インスタグラム ♪(´ε` )

 

 

 

 

 

最近は、インスタグラム効果のせいか、ブリーチを使ったインナーカラーやグラデーションカラー、透明感のあるカラーのオーダーが多いですね。

 

 

 

 

インスタとかの画像をスクショして持ってこられる人がほとんどなので、スタイルブックとかもいらなくなりましたもんね(笑)

ブリーチの抜け方 動画で解説

 

 

 

 

 

今回のお品書き

 

ブリーチの値段

ブリーチが必要なカラー

【ブリーチが3回以上必要になってくる特殊なカラー

 

 

 

 

この三つのテーマに絞ってお伝えしていきますね!

 

 

 

 まず、みんな気になるブリーチの値段ですね。

 

 

 

 

このブリーチの値段って、なかなか難しいんです。

 

 

 

 

例えば、肩くらいの長さがあるミディアムの長さの1回のブリーチが5000円とします。

 

ざっくりですけど、これくらいの長さのミディアムですね。

  

 

 

もし、やりたいカラーにする為にブリーチが3回と最後に色をのせる為に1回カラーをするとしたら、ブリーチ×3で15000円と色をのせるカラーが7000円としたら、合計で22000円になりますね(税抜き)

 

 

 

 

結構な高額になりますね。。。。

 

 

 

 

 

これにカットを加えて税込価格10%にすると3万円近い料金になります。

 

 

 

 

カットしかされない方からすると、一回の美容室代で3万円とかありえない!!と思ってしまいますよね?(僕も思います。。)

 

 

 

 

さすがに一回のブリーチの値段を、そのまま回数で増やしていくと高すぎるので、お客さんにいくつか伝えます。

 

・このカラーに必要なブリーチ回数を提示

 

・ブリーチをすることによっての髪へのダメージ量

 

・ブリーチ回数を単純計算しないブリーチの値段

 

 

 

 

基本的に、お客さんがやりたいカラー画像を持ってきても、そのカラーがブリーチしてるかどうかなんてお客さんには、わからないです。

 

 

 

 

その結果、起きてしまう問題がネットで見たカラーの料金を目安にして来店したらブリーチが必要なカラーで、想定よりも料金が高いかった。。。という事態です(泣)

 

 

 

 

 

僕の場合だとブリーチ料金は、ホワイトカラーみたいな色かとんでもない長さじゃない限り一万円以内に設定しています。

ホワイトカラーはこんな感じのカラーでっせ!

 

 

 

 

 

ブリーチの値段というのは、一回の料金は、どこの美容室もそんなに変わらないと思うんですが、回数を重ねると単純に一回のブリーチ料金×回数で計算する美容室もありますし、僕みたいに事前説明をしてブリーチの料金をある程度の料金に抑える美容室もあります。

 

 

 

 

 

ということなのでお客さんが取るべき行動は、こんな感じです。

 

・自分が選んだカラーがブリーチが必要かもと思っておく

 

・ブリーチが必要と言われ担当の美容師が料金の提示をしなかったら必ず料金確認をしておく。

 

・ホームページの料金表を当てにせず、カラーをする前に一度、美容室にカラーのカウセリングに行って事前に料金やブリーチが必要かを確認する

 

 

 

 

この辺を抑えておけば、美容室に行ってのトラブルがかなり回避できますよ!

 

 

 

 

次は、ブリーチが必要なカラーですね。

 

 

 

いきなりですが、宇井から問題を出します!

 

 

 

 

 

三つの画像のうち、ブリーチが必要なカラーはどれでしょう?

 

 

 

 

まずは、1です。

  

 

 

 

 

次に2です。

 

dav

 

 

 

 

最後に3です。

 

 

 

 

 

さぁ、わかりましたか?

 

 

 

 

  

 

 

答えは、全部やね〜ん!

 

 

 

 

 

うざくて、すいません。

スタバで撮影しました

 

 

 

 

 

何気に1枚目と2枚目は、ブリーチしていて3枚目はブリーチはなしかなと思われてたら宇井の思惑通りです〜

 

 

 

 

 

逆に、このカラーはブリーチしていないです。

 

dav

 

 

 

 

めっちゃ赤っぽいしブリーチしてそうな感じですけど、ブリーチしていないんです。

 

 

 

  

 

この結果から見ても、一般の方がブリーチしているカラーを見分けるのは至難の技なんですね。

 

 

 

ここで、ブリーチの回数別のカラーの入り方をシェアしていきますね。

 

 

一回のブリーチで入るカラーは、こんな感じです。

  

さっきの問題でも出した画像ですね。ブルーブラックと言われているカラーですね。

 

 

 

 

このブルーのインナーカラーの部分も一回のブリーチでOKです。

 

 

 

この毛先の裾カラーもできますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

二回ブリーチしないとできないカラーがこちら〜

 

 

メンズの濃いめのブルーです。さっきアップした女性のブルーより色が濃いですね。

 

 

 

ボブ系のパープルのインナーカラーですね。これは、もしかしたら一回のブリーチでもいけるかもですけど、二回すると確実です。

  

 

 

 

男性の赤系のカラーですね。これくらいガツンと赤系を入れるなら二回ブリーチが必要になってきます。

 

 

 

 

 

他のもあるんですがブリーチを1〜2回した場合にできるカラーの一覧でした。

 

 

 

 

 

 

最後にブリーチが3回以上、必要な特殊なカラー紹介です。

 

 

ブリーチが3回以上と書きましたが、結構SNSに載ってるカラーは、こういうカラーが多いです。

 

 

 

 

 

ユニコーンカラーですね。これは、ブリ−3回あればできます。このカラーは、塗る場所によって使うカラーを変えますねん。

 

 

 

 

 

 

ホワイトカラーですね。これは、4〜5回ブリーチしてます。ブリーチ回数が少ないとシルバーっぽい色になるよ〜

ホワイトカラー図鑑 動画で解説

 

 

 

 

 

 

ここで注意して欲しいのがホワイトカラーやユニコーンカラーをする人は、髪へのダメージがかなり深刻になってくるので、髪のケアも同時に進めていかないと、どんなにおしゃれなカラーをしても髪がパサついていたんで見えてしまったら意味がなくなるよ。⇦この考え方、大事っす!

 

 

 

 

 ブリーチは、美容室の中でもトップクラスに髪へのダメージ多いメニューなので、自分でブリーチなどをしてしまったら後々、色むらになり取り返しのつかないことになります。

 

 

 

 

 

想像してみてください、色ムラになって髪がブリーチでバサバサになってる髪の自分だった洋服を合わせるのも大変でかえってブリーチをしない方が良かったんじゃないかレベルです。

 

 

 

 

 

自分でブリーチするのは、僕らマッチョの目線から見ても危険です。やめましょう´д` ;

 

 

 

 

今回の記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

 

YOUTUBEとインスタをフォローしてもらうと、知ってて損はない情報を発信しますよ〜

髪の情報が盛りだくさんYOUTUBE

 

ヘアスタイルが盛りだくさんインスタグラム

インスタグラム ♪(´ε` )

 

 

☆サロンVITAホームページ 

☆予約ライン

電話番号 080−3953−3590

24時間365日受付中ですわ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました