ヘアカラーでインナーカラーの青へ!しかもホワイトカラーで染める!




悩める読者
悩める読者

ヘアカラーでインナーカラーの青がしたいです

あと、できたらホワイトカラーと組み合わせが希望です。

 

宇井
宇井

結論!ヘアカラーのインナーカラーで青を入れるなら注意点があります

特にホワイトカラーと組み合わせるなら難易度も高いです!

3分で詳しく説明をしますね。

 

福岡市の天神でフリーの美容師をしている「カラーの申し子」の宇井です。

 

今回は「ヘアカラーでインナーカラーの青へ!しかもホワイトカラーで染める!」というテーマでブログを書きたいと思います。

 

このようなホワイトカラーにインナーカラーの青を入れた色について解説します。

 

 

無料相談!質問や予約のDMを飛ばしてね!
インスタからも質問予約受けてます
問い合わせ
『このブログがおすすめな読者』
✔︎ヘアカラーでインナーカラーの青にしたい
✔︎インナーカラーで青に染める注意点を教えて欲しい
✔︎青に染めようとして失敗した経験がある

 

『ブログ主の経歴』
✔︎美容師歴18年フリーランス歴6年(2022年現在)
✔︎ヘアカラー比率が80%以上のカラー推し美容師




ヘアカラーでインナーカラーの青へ!しかもホワイトカラーで染める!

ヘアカラーの中でもインナーカラーで青に染める組み合わせは人気です。

 

染める前の髪の状態がこちら。

 

根元以外は、すでにブリーチを2回しています。

 

 

インナーカラーで染める青は、他のピンクやパープルと違い染めるのが難しい色とされてます。

 

ネットでよく「青に染めようと思ったら緑になった!」みたいな動画や記事を見かけませんか?

 

 

それくらい青に染めるのはコツが必要です。

 

セルフで青に染めようとすると失敗の可能性が高いのでやめましょう!

 

悩める読者
悩める読者

青って難しい色なんだ。

ヘアカラーでインナーカラーに青を入れる際の注意点はなんですか?

 

宇井
宇井

インナーカラーで青に染めるには、ブリーチが大事になってきます!

▶︎インナーカラーを青に染めるのは難しい!ブリーチは何回必要?

インナーカラーを青にする場合、ブリーチ回数が2回は必要になってきます。

 

読者の中には「ブリーチ1回で青に染まる!って聞いたことがあるけど…」と思う人もいるかもしれません。

 

 

もちろん、1回のブリーチで青に染まるときもあります。

 

ただし、これは髪質に左右されるので「誰でもブリーチ1回で青に染まる!」というわけではないんです。

 

 

ヘアカラーのインナーカラーで青に入れるなら、ブリーチ2回がおすすめです。

 

最初の状態から根元のみブリーチ2回終わりました。

 

 

悩める読者
悩める読者

なるほど!青に染めるならブリーチ2回がいいんですね。

でもブリーチ2回するとダメージが気になります。

大丈夫ですか?

 

宇井
宇井

ヘアカラーのインナーカラーで青に染めようとして、失敗する人はブリーチ不足です。

しっかり、ブリーチで色を抜きましょう。

ブリーチによる髪のダメージについて説明します!

 

『インナーカラーを青に染めるのは難しい!ブリーチ回数は何回必要?』まとめ
・青に染めるにはブリーチが2回必要。
・ブリーチ1回で青に染まるのは髪質のおかげ

▶︎ブリーチ2回するならケアブリーチが必須

ヘアカラーのインナーカラーで青に染めるならブリーチが2回必要です。

 

それでも「ブリーチ回数が多いと髪が傷むから嫌!」という人もいます。

 

 

そこで必要なのがケアブリーチです。

 

ケアブリーチとは髪のダメージ最大限に抑えることができるブリーチになります。

 

 

僕が使ってるのは、インスタフォロワー60万人以上いる美容師の京極琉さんが開発したブリーチです。

 

 

いろいろブリーチを使いましたが、ぶっちゃけこれが一番痛みづらいので選びました。

 

このようにケアブリーチを使って髪のダメージを抑えるのがポイントです。

 

 

悩める読者
悩める読者

ケアブリーチがいいんですね!

どこの美容室もケアブリーチを使ってくれるんですか?

 

宇井
宇井

ケアブリーチは使う美容室、使わない美容室があります。

予約するときに電話で一度、確認をすると良さそうです

 

『ブリーチを2回するならケアブリーチが必須』まとめ
・ヘアカラーのインナーカラーを青にするならケアブリーチを使う
・ケアブリーチは髪へのダメージを極限まで減らすブリーチ

▶︎ヘアカラーでインナーカラーの青にするなら色落ちに注意!

ヘアカラーのインナーカラーで青を入れるならカラーバターがおすすめです。

 

なぜなら、青がキレイに発色してくれるからです。

 

今回、使用したカラーバターはこちら。

 

僕が実際に営業でも使っており、発色も良く髪へのダメージもほとんどありません。

 

 

カラーバターと比較してカラー剤で青に染めると色落ちが早いです。

 

カラー剤は1週間くらい金髪に色落ちします(泣)

 

悩める読者
悩める読者

カラーバターは発色も良くて、カラー剤より長持ちするんだ!

 

宇井
宇井

インナーカラーで青を入れるならカラーバターがおすすめです。

『ヘアカラーでインナーカラーの青にするなら色落ちが注意』まとめ
・カラー剤よりもカラーバターの方が色持ちが良い

▶︎インナーカラーで青のカラーバターを使う唯一のデメリット

ヘアカラーをインナーカラーの青で染めるならカラーバターがおすすめと伝えました。

 

ただし、カラーバターには1つだけデメリットがあります。

 

 

それは色がずっと残り続けることです。

 

色持ちの良いカラーバターは、逆に言うと色が落ちないんです。

 

完全に色落ちしないので、このような緑のままずっと残ります。

 

 

つまり、ヘアカラーのインナーカラーで青を入れる際は、色落ちをせず緑が残り続けることを分かった上でしないといけません。

 

このように緑が残ると、次に染めるヘアカラーが希望の色になりづらいです。

 

 

カラーバターが落ちない人は「カラーバターで色ムラに髪色の落とし方」をチェック!

 

悩める読者
悩める読者

青で染めると緑が残り続けるのか…

知らなかった…

 

宇井
宇井

ヘアカラーの仕上がりだけを気にして、色落ち後まで考える美容師さんは少ないです。

担当する美容師さんに、色落ち後のことも聞いておきましょう!

 

『ヘアカラーでインナーカラーの青にするなら色落ちに注意』まとめ
・青で染めると色落ちせずに緑にな
・緑に色落ちした髪はずっと残る
・カラーバターを使うと次回のヘアカラーがやりづらくなる




青に染めるなら色落ちの提案してくれる美容師を選ぼう!

今回のテーマ『ヘアカラーでインナーカラーの青へ!しかもホワイトカラーで染める!』についてまとめていきます。

 

・青に染めるならブリーチ2回が必須
・ブリーチ1回でも青に染まるが髪質による
・ブリーチ2回するならケアブリーチを使う
・ケアブリーチは髪のダメージを最大限に抑えてくれる
・カラーバターの青はキレイに発色する
・青で染めると緑に色落ちする
・カラーバターで染めると次回のカラーが染まりづらい
悩める読者
悩める読者

ヘアカラーのインナーカラーで青を入れるって、いろんな制約があるんですね。

いろいろ知れてよかったです!

 

宇井
宇井

インナーカラーで予約する際は、予約のときに「何色を入れるか?」を伝えた方がいいです。

 

ここまで読んでもらいありがとうございました!

インスタやYouTubeを見ると人となりがわかるかもしれません。
何か質問がある方は、じゃんじゃん聞いてくださいね。

「公式ライン」から初回限定サービスが受けれます。

髪の情報も発信しているので追加してもらえると嬉しいです。

友だち追加

インスタからも予約や無料相談を予約受けてます

『髪のYouTube』

電話予約→080-3953-3590のこちらへ!
料金の確認や質問などは、こちらから問い合わせてもらった方がスムーズです。
予約の際は「ブログ、SNSを見ました」と言ってもらえるとスムーズです。

1秒で終わるのでポチッと押してもらえると、いろんな方にこのブログが読んでもらえます。
ブログを書く励みになりますので押してもらえると泣いて喜びます(泣)


美容・ビューティーランキング

 

コメント