ホワイトカラーは黒染めしてても可能!その際にブリーチは何回必要?




悩める読者
悩める読者

ホワイトカラーは黒染めをしていても可能ですか?

できるのならブリーチ回数も知りたいです。

 

宇井
宇井

結論!黒染めしていてもホワイトカラーはできます!

しかし、髪へのダメージと完成度が少し劣るかもしれません。

 

福岡市の天神でフリーの美容師をしている「カラーの申し子」の宇井です。

 

今回は「ホワイトカラーは黒染めしてても可能!その際にブリーチは何回必要?」というテーマでブログを書きたいと思います。

 

無料相談!質問や予約のDMを飛ばしてね!
インスタからも質問予約受けてます
問い合わせ

 

『このブログがおすすめな読者』
✔︎ホワイトカラーからしたいけど黒染めをしてる
✔︎黒染めからホワイトカラーをするためのブリーチ回数が知りたい
✔︎ホワイトカラーになった場合の色落ち対策

 

『ブログ主の経歴』
✔︎美容師歴18年フリーランス歴5年(2021年現在)
✔︎お客様の80%以上がヘアカラーをするカラー推し美容師

 

 




ホワイトカラーは黒染めしてても可能!その際にブリーチは何回必要?

 

ホワイトカラーを黒染めの状態からするには、以下の2つに当てはまってたら無理です。

 

・カラーバターの上から黒染めしてる
・縮毛矯正して黒染めしてる
残念なんですがこれ該当していたら、ブログをそっと閉じてください。
上記の2つに当てはまらない人は続きをどうぞ!
まず、ホワイトカラーをする上で知ってて欲しい内容があります。
それはホワイトカラーは、かなり高難易度な技術ということです。
つまり、髪の状態が悪ければ悪いほどホワイトカラーにするのが難しくなるんです。
悩める読者
悩める読者

ホワイトカラーって難しいんですね。

確かに一度、美容室に「ホワイトカラーは黒染めしててもできるんですか?」と確認したら断られた(笑)

 

宇井
宇井

ホワイトカラーはヘアカラーの中でも難易度が高いので、断る美容室も多いです。

▶︎ホワイトカラーを黒染めからするときのブリーチ回数は何回?

基本的なホワイトカラーのブリーチ回数は2〜3回です。(宇井の場合)

 

しかし、黒染めをしている状態だとおそらく1回ブリーチが増えると思います。

 

 

これを見て「ブリーチ1回増えればホワイトカラーできるんだ!」と思ったら危険です。

 

ブリーチ回数が増えると髪のダメージが増えて色落ちが早くなります。

 

さらに通常のホワイトカラーよりも、仕上がりが若干茶色っぽくなるかもしれません。

 

 

悩める読者
悩める読者

ホワイトカラーを黒染めからするとブリーチ回数が1回増えるのか!

 

宇井
宇井

このブリーチ1回は、あくまで僕の場合はということです。

担当する美容師さんによっては変動する可能性があります。

 

『ホワイトカラーを黒染めからする場合のブリーチ回数』まとめ
・通常のホワイトカラーよりブリーチが1回増える
・ブリーチが1回増えると髪のダメージと色落ちが早くなる

▶︎ホワトイトカラーを黒染めからするとどれくらい白くなる?

ホワイトカラーを黒染めの状態からすると、完全に白くなるのは難しいかもしれません。

 

通常のホワイトカラーだと、これくらい白くできます。

 

ホワイトカラーを黒染めからすると、若干茶色っぽさが残ってこのようになります。

 

これはこれで全然ありな感じの色です。

 

このホワイトベージュに関しては「カラーバターからホワイトベージュ」のブログで説明しています。

 

一緒に読んでみてください。

 

OK

 

黒染めをしていても、ブリーチ回数を増やせば白くすることはできます。

 

しかし、先ほども説明した通りブリーチ回数が増えると髪が傷んで色落ちが早くなります。

 

ホワイトカラーで髪が白くなっても、髪がボロボロで傷んで見えたら本末転倒です。

 

 

髪のダメージを考えても少しだけ茶色っぽさが残るくらいに仕上げるのが、一番髪にとっても良いんです。

 

悩める読者
悩める読者

確かにブリーチしすぎて髪がボロボロになるのは嫌だな…

今回はホワイトベージュみたいな色で、次回に白くすることはできますか?

 

宇井
宇井

できます!

いつも僕は、そのように段階を分けてホワイトカラーにする提案をしています。

 

『ホワイトカラーを黒染めからするとどれくらい白くなる?』まとめ
・ホワイトカラーを黒染めからするとホワイトベージュのような色になる
・黒染めでもブリーチ回数を増やせばホワイトカラーできるがダメージは深刻

▶︎ホワイトカラーの色落ち対策はクオルシアのムラシャン!

黒染めからホワイトカラーやホワイトベージュに染まったら、色落ち対策をしなければなりません。

 

ホワイトカラーの色落ち対策で使って欲しいのはクオルシアです。

 

Amazonと楽天のリンクを貼っておくので、どちらか安い方で買ってみてください。

 

使い方に関しては、この「ムラシャンの効果は5倍にする方法」で解説しています。

 

合わせて読んでみてください。

 

ホワイトカラーは色落ちしたら茶色っぽくなります。

 

実際に色落ちしたホワイトカラーの画像です。

 

 

もともとは、これくらいのホワイトカラーでした。

 

 

結構、色落ちしてるからびっくりされたかもしれません。

 

よくホワイトカラーは色落ちしても白いままと勘違いされやすいです。

 

時間とお金をかけてホワイトカラーを黒染めからしても、色落ち対策をしなければ意味がありません。

 

色落ち対策のムラシャンのクオルシアは、必ず使うようにしましょう。

 

『ホワイトカラーの色落ち対策はムラシャンのクオルシア』まとめ
・ホワイトカラーは色落ちするとベージュのような茶色になる
・ホワイトカラーをキープするならムラシャンが必須




ホワイトカラーを黒染めからするならリスクを知ってしよう!

今回のテーマ「ホワイトカラーは黒染めしてても可能!その際にブリーチは何回必要?」についてまとめていきます。

 

・ホワイトカラーは難易度が高いカラーで髪の状態が悪いほど難しい
・カラーバター、縮毛矯正をしてる人はホワイトカラーを黒染めからできない
・ホワイトカラーを黒染めからするとホワイトベージュっぽくなる
・ブリーチ回数を増やせば黒染めからホワイトカラーでできるがダメージが深刻
・黒染めからホワイトカラーをするなら段階を踏んでやるのがおすすめ
・ホワイトカラーの色落ち対策はムラシャンのクオルシア
悩める読者
悩める読者

ホワイトカラーって、いろいろ難しいんですね!
このブログを参考にしてホワイトカラーを黒染めからしてみたいと思います!

 

宇井
宇井

美容室によっては黒染めをしていたら断るパターンもあるので、その時は別の美容室を探してみてください。

 

ここまで読んでもらいありがとうございました!

インスタやYouTubeを見ると人となりがわかるかもしれません。
何か質問がある方は、じゃんじゃん聞いてくださいね。

「公式ライン」から初回限定サービスが受けれます。

髪の情報も発信しているので追加してもらえると嬉しいです。

友だち追加

インスタからも予約や無料相談を予約受けてます

『髪のYouTube』

電話予約→080-3953-3590のこちらへ!
料金の確認や質問などは、こちらから問い合わせてもらった方がスムーズです。
予約の際は「ブログ、SNSを見ました」と言ってもらえるとスムーズです。

1秒で終わるのでポチッと押してもらえると、いろんな方にこのブログが読んでもらえます。
ブログを書く励みになりますので押してもらえると泣いて喜びます(泣)


美容・ビューティーランキング

 

コメント